VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

工具メーカー『TTI』とは。世界の工具ブランドを買収し急成長を続ける香港企業

近年、工具市場において急成長を続けるメーカーが存在しているのをご存じだろうか。工具メーカーは業界構造的に保守的なユーザー層が多く、シェアは大きく変わらないのが定説と考えられていた。しかし、その中で毎年売上額を伸ばし、シェアを順調に伸ばしている企業が存在する。今回は成長を続ける香港の工具メーカー『Techtronic Industries (創科實業有限公司)』(略称TTI)について解説しよう。

急成長を続ける工具メーカー『TTI』とは

皆さんは『TTI』と呼ばれる工具メーカーをご存じだろうか。工具を多用するユーザーであってもTTIについて知っている方は殆どいないかもしれない。しかし、それは日本市場に限った話であり、TTIは高いシェアを誇り売上を伸ばし続ける企業として世界的に君臨している工具メーカーである。

TTIは1985年に香港で設立された電動工具メーカーであり、設立から30年ほどしか経過しておらず、戦前に設立されたメーカーが多い工具業界の中では新興のメーカーに部類される企業だ。

参考:Stanley Black & Decker, Inc. 2019 Investor Day

TTIは工具業界において急成長を遂げ、Stanley Black & Deckerの次点となる世界市場2位の業界シェアを誇る工具メーカーとして現在も成長を続けている。

TTIは企業名を工具ブランドとして展開しておらず、「Milwaukee」「RYOBI」「AEG」「Empire」「STILETTO」など数多くの電動工具ブランドを有する企業として世界的な展開を行っている。

TTIが抱える工具・フロアケア・家電ブランドのポートフォリオ。TTIの売上はこれらのブランドの役割分担と地域ごとのマーケティングによって支えられている。

RYOBIとTTIの歴史的な邂逅

日本市場ではあまり見かける事がないTTIだが、TTIの世界的な発展には国内工具メーカーの「リョービ株式会社」が深く関わっている。1

話は少し逸れて昭和平成時代のリョービの話となるが、80-90年代のリョービはまさに全盛期と言える時代だった。1963年に製造が始まったリョービの電動工具は、1984年には独AEG社と業務提携、1986年に米イナーシャダイナミクス社をTOB、1988年には米シンガー社の電動工具部門の買収、そして1989年には香港のTechtronic Industries(TTI)がリョービグループに加わるなど電動工具事業の海外展開を進めていた。

しかし、その後のリョービは業績不振により数多くの事業を手放すこととなる。2000年からは「経営健全化計画」と称して不採算事業だった北米電動工具事業を始めとする海外工具事業の全てをTTIに売却し、リョービの海外電動工具事業は00年代前半に幕を閉じた。2 3 4

その際にTTIは「RYOBI」のブランドを国外で展開するライセンスも取得している。その後、TTIは「RYOBI」ブランドの取得と共にアトラスコプコから買収した「Milwaukee」「AEG」ブランドと共に電動工具販売を進め世界的な工具メーカーとして歩むこととなる。

TTIが展開する「RYOBI」ブランドは、日本で展開される「RYOBI」ブランドと同じブランド名ながら、別企業別製品のブランドとして展開が行われており、今日まで別のブランドとして互いに存続している。

TTIが展開する工具ブランド

Milwaukee 老舗工具ブランドでありながら最先端

Milwaukeeは1924年に米国ウィスコンシン州ミルウォーキーで創業した工具メーカーで、主にプロ向けグレードの電動工具を販売している。赤色のコーポレートカラーが特徴的で、製品のほぼ全てが赤色のハウジングで販売されている。

TTI買収以前のMilwaukeeは、産業機械企業グループのアトラスコプコ傘下の企業であり、2005年になってTTIへ売却された。5

TTI買収以降のMilwaukeeは、積極的なリチウムイオンツールの開発を進めており、コードレスシステムM18, M12の主力シリーズでシェアを伸ばしている。更にはエンジン工具市場の受け皿となるMX FUELシリーズの展開なども始めた。

製品開発も積極的であり、IoT電動工具プラットフォーム「ONE-KEY」、工具用のストレージシステム「PACKOUT」、業界初となる電動アングラー「電動フィッシュテープアングラー」、高精度トルク管理を実現した「M12 Fuel Motorized Digital Torque Wrench」など、電動工具に先行技術を投入する革新的なマーケットリーダーとして常に先を進んでいる。

Milwaukee主力のM18シリーズ。基本的な電動工具は抑えながら、オーガーや強力なライトなど多種多様な電動工具をラインナップしている。12.0AhのRED LITHIUMバッテリーも展開している。
Milwaukeeの小型電動工具 M12シリーズ。現在の10.8Vシリーズはバッテリーの配置や放熱の関係からスライド式が主流となっているが、意に介さず差し込み式のまま積極的な製品展開を行っている。
Milwaukeeが開発を進めるIoT電動工具の管理アプリ「ONE-KEY」のアップデート解説動画。2016年に展開が始まった電動工具初のIoTプラットフォームだが、今日までアップデートを続け機能の増強を図っている。

RYOBI 世界で最も革新的なツールを展開する工具ブランド

RYOBIブランドは、先に説明した通りの日本のダイカストメーカー「リョービ株式会社」にルーツを持つ電動工具ブランドだ。黄色の蛍光色と灰色の特徴的な配色のブランドカラーで展開されている。

ただし、日本国外のRYOBI電動工具事業とブランドは2000年以降の「経営健全化計画」で全てTTIに売却しており、現在の国外RYOBIブランドと国内RYOBIブランドは別ブランドとして扱われる。当サイトでは国外のRYOBIブランドをTTI RYOBIと呼称する。

TTI RYOBIの電動工具は家庭向け・DIY向けのグレードとなっており、ラインナップも個性に溢れた特殊な製品が多い。

主力としているのは18V ONE+シリーズと40Vシリーズだが、スマートフォンに接続する「PHONE WORKS」シリーズ、ガレージキットまで展開している。

TTI RYOBIはもはや単純な電動工具ブランドに留まるだけではなく、家庭向けの電動ソリューションメーカーまたは充電機器メーカーと呼ぶのが相応しいメーカーと言える。

Screenshot

RYOBI Home

RYOBI specializes in making pro-featured power tools and outdoor products truly affordable. RYOBI is the brand of choice for millions of homeowners and value-conscious professionals.

AEG 欧州地域に強いドイツ発の名門ブランド

REGは1898年に設立されたドイツの工具メーカーで、主に欧州地域で有力な販路を持つ電動工具メーカーとして展開されている。

AEGもMilwaukeeと同じくアトラスコプコ傘下の企業であり、2005年にMiwaukeeと同時期にTTIに買収されている。

TTI以前はDIYブランドとして位置付けされていたAEGだったが、買収以降はTTIのリソースと経営統合の効果によりプロ向けの電動工具メーカーへの転身を成功させている。

Screenshot

AEG Powertools

EG POWERTOOLS has been a market leading supplier of professional trade powertools since 1898. These tools are available to purchase in trade outlets across Europe, the Middle East and Africa

STILETTO 職人を魅了するチタンハンマー

STILETTO Hand Toolは2007年にTTIに買収されたハンマーメーカーだ。

STILETTOブランドのハンマーは世界的にも珍しいチタン製のハンマーとなっている。鉄製のハンマーよりも45%軽量で、反動が10倍少ないツールとして独特な使い心地が人気を博している。

Screenshot

18V ONE+ 1.3AH WINDOW VAC KIT

Clearly, it’s never been easier – or quicker – to get sparkling clean, streak-free results on windows, mirrors, tiles and benchtops thanks to the Ryobi 18V ONE+ Window Vac. By applying detergent as you scrub, then using the squeegee to remove residual water in the one motion,

「ブランド」戦略の重要性を体現するTTI

TTIは生え抜きの有力ブランドを有していない工具メーカーだ。ほとんどのブランドが他社からの買収や譲渡によるものであるため、ブランドごとの特色を生かした「ブランディング」に優れるメーカーであると捉えることのできる企業だ。

TTI最大の強みこそ、各ブランドが持つ力を生かし収益性を増強させシェアを伸ばすその手腕だ。

これは主観的な意見となるが、工具業界の本質とはまさに「ブランド力」に他ならない。工具は単機能で小さい産業製品故に、技術的な差異化は付加価値が難しい製品だ。単純に製品を良くしただけに留まっていては売上の上昇に結び付かないのが工具業界の現実とも言える。

ただし、別の一面として考えるのであれば「Milwaukee」「RYOBI」「AEG」など主要電動工具ブランドの成長は、リチウムイオンバッテリー技術の発展による市場規模の拡大による売り上げ拡大の要因が大きい。単純に企業買収のタイミングが良かっただけとも言えてしまう面もある。

しかし、TTIが擁するブランドが魅力的なのは、他ブランドにはない特質的な製品を膨大な販路とマーケティングで支えている点だ。電動工具のIoT機能「ONE-KEY」や大容量バッテリーの「MX FUEL」、TTI RYOBIが展開する電動工具に留まらないコードレス製品など、この戦略は常に電動工具の売上を拡大させる新しい試みに溢れている。これらの方針はリチウムイオンバッテリーバッテリー発展による市場規模の拡大ペースを超えるものとして、TTIをより強力なメーカーへと変貌させることだろう。

脚注

  1. 2017年にリョービ株式会社は京セラへ電動工具事業譲渡を行っており、現在は電動工具を販売していない [リョービ株式会社の電動工具事業の取得に関する株式譲渡契約を締結]
  2. 参考書籍:社史から学ぶ経営の課題解決|出版文化社
  3. 参考書籍:海外企業買収 失敗の本質: 戦略的アプローチ|東洋経済新報社
  4. 参考:第106期 有価証券報告書 リョービ株式会社
  5. Milwaukee Electric Tool, other units to be sold for $626.6M | THE BUSINESS JOURNAL
Return Top