VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

【Amazon Echo Plus】AlexaでPhilips Hueランプを操作させる方法

【Amazon Echo Plus】AlexaでPhilips Hueランプを操作させる方法

Amazon Echo Plusのスマートホームハブ機能を活用!

Amazon Echo とHue

招待制となっているAmazon Echo Plusですが、Echo Plusは現在購入特典としてPhilips Hueランプが無料で購入できます。このPhilips HueランプはEcho Plusの購入すると同梱されるわけではなく、注文時にカートに追加しないと0円になるクーポンが適応されないので注意しましょう。

Philips Hueとの連携は「アレクサ、デバイスを探して」と言うだけ

Hueランプ

Amazon Echo PlusとPhilips Hueランプのセットアップは簡単セットアップに対応しており、スキルの追加やAlexaで設定しなくても、Echo Plusに直接「アレクサ、デバイスを探して」と言うだけでセットアップが完了します。

Amazon Echo PlusでHueランプをON・OFFする方法

Alexa

Hueランプのセットアップが完了すると、Alexaはどのような名前で登録したか音声で教えてくれます。

ライトの音声操作を行うときはライトの名前と操作同時に指示します。例えば上画像の名前で登録されたライトを点灯させる場合であれば「アレクサ、一番目ライトを点灯して」と言います。

この「一番目ライト」という名前はAelxaアプリから変更することができるため、読みやすい名前に変更するといいでしょう。

音声で調光もできる

Amazon  Echo Plusに「明るくして・暗くして」と指示を出すとHueランプの明るさを調光することができます。

音声での調光は4段階で調節することができ、「明るくして・暗くして」というと1段階ずつ調光することができ、「最大」や「最弱」と言うことでAlexaで調整できるそれぞれ最大光量・最弱光量にまで切り替えることができます。

Amazon Echo とHueで点灯
光量最大の状態。調光を行わない状態では色温度など含めてこの状態が標準
Amazon Echo とHue点灯光量低
光量を一段階落とした状態、Alexaに「アレクサ、ライトを暗くして」と言って1段階暗くした状態

Hueランプとつながらない時はリセットを試してみよう

Hueランプリセット画面

Philips HueランプはEcho Plusの簡単セットアップに対応しているため音声だけで接続・調光をしてくれますが、稀に調子が悪くなったりして動作しなくなることもあります。

筆者も初回セットアップ時に何度やってもHueランプと接続ができずに困っていましたが、最終的にHueランプをリセットすることで接続できるようになりました。

Hueランプをリセットする方法

Hueランプのリセットを行うにはAlexaアプリ側で「デバイスの追加」を一度実行して失敗させる必要があります。

デバイスが見つからない画面になると「接続に関するヘルプ」画面がでるので、そこから「PHILIPS HUEのリセット」項目を選択します。

Alexa Hue操作
Alexaアプリを開いて、スマートホームタブからデバイスの追加を実行する。
Hueデバイス検索
デバイスが見つからなかった場合上記のような画面になるので「接続に関するヘルプ」を選択する。
ヘルプをスクロールするとPhilips Hueの項目があるので、その中の青い「PHILIPS HUEの照明をリセット」を選ぶ。
Hueの照明をリセット
画面の指示に従いHueランプに刻印されている6桁のシリアルナンバーを入力してHueランプを点灯させて「続行」ボタンを押す。Hueランプはリセット中に点滅する場合がある

Hueランプはどこにつけよう?

Hueランプ点灯中

Philips HueランプのE26口金は電球としてはメジャーなサイズですが、蛍光灯主流の現在では一般家庭だとトイレくらいでしか使われていないと思います。

筆者はダクトレール照明にHueランプを取り付けて使用することにしました。今まではダクトレールのコンセントにスイッチを取りつけて操作していましたが。声で操作できるようになるとスイッチが不要になるので配線が少しきれいになりました。

Amazon Echo Plusを導入したらHueランプのためにクリップライトやダクトレール照明などを買って、音声で操作したときに便利なところに照明を追加するのもいいかもしれません。

Return Top