VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

HiKOKI (旧 日立工機)の36VマルチボルトシリーズをFAQ形式で徹底解説!

HiKOKI (旧 日立工機)の36VマルチボルトシリーズをFAQ形式で徹底解説!

HiKOKIの新製品マルチボルトシリーズは今までの18Vとの互換性を残しつつ36Vバッテリーとしても使える次世代の電動工具です。その一方で、互換性が少しややこしいのか、今までの18V工具との関係性がわかりにくくなっているようです。本記事ではより分かりやすくマルチボルトについて解説していきます。

マルチボルトシリーズとは?マルチボルト対応36V工具とは?

マルチボルトシリーズとはHiKOKI (旧 日立工機)が2017年8月から展開している36Vで動作する電動工具の新シリーズです。

マルチボルトバッテリーは従来の18V電動工具でも使える36Vとしても動作するバッテリーです。

今までの電動工具は性能が上がるにつれバッテリーも変化し、その度に電動工具も買い替える必要がありましたが、マルチボルトバッテリーでは従来の18V電動工具への互換性も備えているため、新しいマルチボルト対応36V工具と共に使い続けることができます。

また、マルチボルト対応36V工具とは、マルチボルトバッテリーの36Vで動作する電動工具製品群を指します。従来の36Vバッテリーとの互換性はありません。

今までの36V工具と言えばバッテリーが大きくなってしまっていたために、一部のハンマドリルや大型の電動園芸工具に限られていました。マルチボルトバッテリーは従来の18Vのバッテリーと同サイズになっているため丸のこグラインダのコードレス工具も大きさそのままに36V化することができ、AC工具並みの粘り強さを持っています。

マルチボルトの疑問点を徹底解説!

さて、ここまでマルチボルトシリーズについての特徴を解説していきましたが、マルチボルトシリーズは互換性や性能などについてややこしい点が多いため、実際に購入する人の疑問点を考えて、新しく電動工具を購入する人が考えるであろう疑問点をFAQにしてまとめてみました。

マルチボルトシリーズFAQ

  • マルチボルトの特徴
  • 36Vになると18Vバッテリーより大きく重くなってしまうのでは?

    A. マルチボルトバッテリーの特徴として、従来の18Vバッテリーと同じサイズのままで36Vになったことが挙げられます。

    これによって、丸ノコやグラインダと言ったコードレスの電動工具も大きさそのままに36V工具になり、電動工具の性能も向上しました。

  • バッテリー残量表示ランプはどうなっていますか?

    A. マルチボルトシリーズでは残量表示LEDがバッテリー側に移動しました。

    いままでの18Vバッテリーでは工具に装着しないと残量がわからなかったので、バッテリーの残量確認するひと手間が減っています。

  • バッテリー電圧が36Vになったことによるメリットは?

    A. 電動工具のモーターは低電圧・高電流で動作させるよりも高電圧・低電流で動作させた方がモータ発熱が減少するため、連続作業ができるようになります。

    今まで18Vのコードレス工具を使っていて、不意に動作が停止した経験がある方には朗報と言えるでしょう。

    36Vになってモータの発熱が減少するとモータ出力にも余裕が生まれるため、負荷にも強くなります。動画での比較では18Vバッテリーとマルチボルト36Vの丸ノコで比較していますが、切断速度が大幅に向上していることがわかります。

  • マルチボルトの互換性について
  • Q. マルチボルトバッテリーで18V電動工具を使うことができますか?

    A. 日立工機の18V電動工具であればマルチボルトバッテリーをそのまま使うことができます。

    ただし、コードレスファン UF18DSDLだけはマルチボルトバッテリーの互換性対象外となります。

  • Q. いままでの36V電池をマルチボルト対応36V工具へ使用できますか?

    A. マルチボルト以前の36VバッテリーBSL3660, BSL3626, BSL3620 はマルチボルト対応36V工具に使用できません。

  • Q. いままでの36V電動工具にマルチボルトバッテリーは使用できますか?

    A. 従来の36V電動工具DH36DBDL, DH36DAL, CG36DAL等にはマルチボルトバッテリーは使用できません。

  • Q. 手持ちの充電器でマルチボルトバッテリーの充電はできますか?

    A. 18V充電に対応した充電器があればそのままマルチボルトバッテリーを充電できます。

    対応充電器はUC18YDL, UC18YSL3, UC18YSL2, UC18YKSL, UC18YFSL, UC18YML2, UC18YRSL, UC36YSL, UC36YL2, UC36YL

  • Q. 14.4V電動工具にマルチボルトバッテリーは使えますか?
    A. マルチボルトバッテリーの互換性は18Vだけであり、日立工機14.4V電動工具にマルチボルトバッテリーは使用できません。
  • 作業性について
  • Q. マルチボルトバッテリーは容量が2.5Ahと少ないため作業量も少なくなるのでは?
    A. 18V6.0Ah電池は108Wh、マルチボルトは36V時に容量2.5Ahを積算して90Wh、18V時でも容量5.0Ahで積算すると90Whとなります。バッテリー容量は若干減っていますが、カタログ上の作業量的に大きな差はなさそうです。
  • Q. 18Vの電動工具にマルチボルトバッテリーを使えば工具の性能は上がりますか?
    A. マルチボルトバッテリーを18V電動工具に装着しても、そのまま18Vバッテリーとなるだけで工具の性能は変化しません。
Return Top