VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

工具『特集記事』

Category
なぜ、インパクトドライバーでネジ頭が外れるのか|カムアウトの原因

なぜ、インパクトドライバーでネジ頭が外れるのか|カムアウトの原因

プラスネジ締付けで気を付けなければいけないカムアウト 「カムアウト」と言う現象をご存知でしょうか、名前は聞いたことなくても、インパクトドライバーを使う方なら誰しも経験がある締付け中にビットがネジ山が外れるあの現象です。 ネジ山のプラス形状は、ビットがネジ頭から逃げやすい構造になっており、締め付け時にビットが外れるとネジ...
マキタのリチウムイオン18V×2本シリーズをFAQ形式で徹底解説!

マキタのリチウムイオン18V×2本シリーズをFAQ形式で徹底解説!

マキタの36Vシリーズはリチウムイオンバッテリー18Vを2本差し込むことで使用できる36Vの電動工具だ。 手持ちの18Vバッテリーや充電器をそのまま36Vの電動工具として活用できるため、これまでの36V電動工具のように、専用バッテリーや充電器などを用意しなくても使用できるのがポイントになっている。 マキタ リチウムイオ...
バッテリーで使える釘打ち機!フィニッシュネイラ・ピンネイラ・タッカーの違いを解説

バッテリーで使える釘打ち機!フィニッシュネイラ・ピンネイラ・タッカーの違いを解説

エアホースが絡まらない電動釘打ち機がじわじわ人気に 一昔前だと、釘打ち作業には作業効率の面からエアの釘打ち機が必須でしたが、最近では電動の釘打ち機でも十分作業できるようになり、一部の作業においては電動の釘打ち機も一般的になりつつあります。 まだまだパワーに制限がある電動釘打ち機は、一番大きいものでもフィニッシュネイラ(...
電動工具の互換バッテリーを分解、検証してわかる安さの理由

電動工具の互換バッテリーを分解、検証してわかる安さの理由

電動工具の純正バッテリーは非常に高く、通販サイトなどで販売されている互換バッテリーのあまりの安さに購入する人も多いと思います。 しかし、互換バッテリーは本当に使い物になるのでしょうか?今回は互換バッテリーを実際に購入して検証してみます。 電動工具のバッテリーには高い性能が求められている 以前の記事でも紹介しましたが、電...
なぜ電動草刈機が選ばれるのか?今までの草刈機との違いを徹底解説!

なぜ電動草刈機が選ばれるのか?今までの草刈機との違いを徹底解説!

  電動草刈機とは?エンジン草刈機との違い 電動草刈機とは、電気で動くモーターでチップソーを回転させて草を刈る園芸工具の事です。メーカーによっては刈払機とも言ったりします。 電動の草刈機はエンジンで動く草刈機と違い、非常に騒音が小さく、軽量なので疲労も少なく女性の方でも快適に作業を行うことができます。 騒音が...
熱中症を乗り切れ!作業現場を快適にする電動工具冷却グッズ!

熱中症を乗り切れ!作業現場を快適にする電動工具冷却グッズ!

高温多湿な場所での作業では、長時間の作業を行うことで熱中症のリスクが高くなります。 そんな中、電動工具メーカーや作業服メーカーは熱中症対策として様々な製品を展開するようになりました。今回は、バッテリーで動作する熱中症対策製品の紹介です。 現場作業の大敵「熱中症」はどうやって防ぐ? 熱中症と言えば、夏場に毎年発生する労働...
マキタから鉄筋結束機 TR180Dが発売、ユーザーはMAX以外の選択肢も

マキタから鉄筋結束機 TR180Dが発売、ユーザーはMAX以外の選択肢も

2018年2月、株式会社マキタから電動の鉄筋結束機 TR180Dが発売した。 これまではMAXの鉄筋結束機 リバータイアシリーズが独占し、最近では2本のワイヤを使ったツインタイア機構を搭載した鉄筋結束機も発売し注目を集めていたが、今回マキタがMAXの鉄筋結束機の独占市場に割り込む形となった。 マキタから電動の鉄筋結束機...
HiKOKI (旧 日立工機)の36VマルチボルトシリーズをFAQ形式で徹底解説!

HiKOKI (旧 日立工機)の36VマルチボルトシリーズをFAQ形式で徹底解説!

HiKOKIの新製品マルチボルトシリーズは今までの18Vとの互換性を残しつつ36Vバッテリーとしても使える次世代の電動工具です。その一方で、互換性が少しややこしいのか、今までの18V工具との関係性がわかりにくくなっているようです。本記事ではより分かりやすくマルチボルトについて解説していきます。 マルチボルトシリーズとは...
マキタ全ネジカッタSC102D

コンパクトで豊富な作業量! マキタ充電式全ネジカッタ SC102D

2017年12月にマキタから新型の充電式全ネジカッタ SC102Dが発売した。 全ネジカッタとして業界内で初めてブラシレスモータを採用したSC102Dは、従来機種と比べコンパクトなボディになり1充電当たりの作業量も大幅に向上している。同時にバッテリーの充電時間を大きく短縮した新・急速充電器DC18RFも発売した。 マキ...
究極の使いやすさを追求!マキタの意欲作『ワンハンド』シリーズとは

究極の使いやすさを追求!マキタの意欲作『ワンハンド』シリーズとは

2017年は日本の電動工具メーカーにとって動乱の年となった。そんな中、堅調な新製品開発を続けるのは、電動工具国内トップシェアを誇るマキタだ。特に2017年に出た16mm充電式ハンマドリルの『HR171D』は競合他社にはない『ワンハンド』というコンセプトの元で従来の長い・大きい・電動工具を「ここまでコンパクトにしたか!」...
マキタの無線連動(AWS)シリーズとは ──Bluetoothで工具と連動!

マキタの無線連動(AWS)シリーズとは ──Bluetoothで工具と連動!

2017年8月にマキタからBluetoothで連動する無線連動する集じん機と対応工具が発売しました。 今までの集じん機連動はAC電動工具限定でしたが、今回の無線連動シリーズによってコードレス工具でも集じん機と連動できるようになりました。 コードレス工具でも集じん機と連動できるように 【マキタ】 18V 125mm充電式...
【コラム】コードレス電動工具を機能別に世代分類するとどうなるか

【コラム】コードレス電動工具を機能別に世代分類するとどうなるか

建築業やDIYに必須となっている電動工具ですが、独自見解と偏見によって電動工具を世代分けしてみました。 この電動工具の世代分けはあくまでも筆者個人による見解しかないので、流し読み程度にご参考ください。 黎明期 バッテリー内蔵~ 1961年 米ブラックアンドデッカーからコードレス電動ドリルが発売 このころの情報は非常に少...
マルチボルトとは?――次世代型のコードレス工具【日立工機新製品】

マルチボルトとは?――次世代型のコードレス工具【日立工機新製品】

来る8月23日に日立工機から次世代バッテリー『マルチボルト』シリーズが発表されました。今回はカタログやリリース資料・各金物屋の紹介記事等を参考に、独自見解を加えてマルチボルトについて客観的に考察していきたいと思います。 日立工機 マルチボルトシリーズとは? 資本が日立製作所からKKRに移り、大転換期を迎えている日立工機...
Return Top