VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年11月16日

マキタとHiKOKI(日立工機)の違い

マキタとHiKOKI(日立工機)の違い

国内の大手電動工具メーカにはマキタとHiKOKIがありますが、この違いについて販売店の意見やネットの総評、私的見解も含めて考えてみました。

  • 修理体制・販売ルート・製品展開力など営業力で強いマキタ
  • 性能・機能などの技術面で強いHiKOKI(日立工機)
  • 多くのユーザーがマキタを選ぶ理由はブランド力や販売店の多さ・アフタサポート
  • 製品展開力も圧倒的で電動工具に縁遠い一般ユーザーもマキタに

国内の大手電動工具メーカはマキタとHiKOKI(日立工機)

工具メーカランキング世界シェア
工具メーカー2016年の世界シェア(手工具含む)。トップはブラックアンドデッカー、その後ろにボッシュ・TTIと続く。ここ数年のTTIグループの伸張はすさまじく、これまで工具世界シェア3位だったを追い越す結果となった。(出展StanlyBlack&Decker: 2017 Investor Overview April)

電動工具はマキタHiKOKIリョービパナソニックなど日本のメーカーをはじめ、ブラックアンドデッカーボッシュヒルティミルウォーキー(TTI)など欧米を中心とした有名な電動工具メーカーがあります。

その中でも日本市場ではマキタとHiKOKI(旧日立工機)が強く、プロユースでもDIYユースでもこの2社が大きなシェアを持っています。電動工具といえば一般的にはホームセンターのイメージがありますが、プロ向けでは地元密着型の金物屋プロ向け工具店などで強力な販路を持っています。街でマキタや日立工機の看板を上げた金物屋を見かけた方もいるのではないでしょうか。

ちなみに、世界トップシェアのブラックアンドデッカーとボッシュですが、日本では流通量が少なく販売店も多くないので国内ではあまりメジャーではりません。DIYユースとして一部の大型ホームセンターで取り扱いがありますが、プロ向け工具は販路が少なくサポート体制も弱いためプロユースで海外メーカーの工具を使う事は少ないそうです。

Li-ion工具のラインナップとアフターサポートに強いマキタ

マキタはリチウムイオンバッテリーを使ったコードレス工具の多彩なラインナップ強固な営業網とアフターサポートが強みです。

現在のコードレス工具は18VのLi-ionバッテリーを搭載したシリーズが主流で、マキタはこの18V電動工具シリーズの製品展開数で他社を大きく超える国内1位の製品ラインナップ数を誇っています。

マキタ18Vバッテリーの対応製品ラインナップ。マキタの製品展開力は非常に高く職人向け電動工具から家庭用製品まで様々な製品を展開する
参考:マキタ総合カタログ

マキタの36V電動工具は、18V電池を2本装着して36Vにする方式を採用しており、既存の18Vバッテリーだけで36Vバッテリーとして使用できるLXTx2シリーズも展開しています。

マキタの36Vシリーズは18Vシリーズのバッテリーを使いまわすことができるので、高出力工具も手軽に使用することができる。

10.8Vから36Vシリーズまで幅広く展開する充電式電動工具の王者

マキタ最大の特徴こそ、10.8Vから36Vまで幅広く展開している充電式シリーズの製品にあります。

はじめは14.4Vバッテリーで展開されたリチウムイオン充電式の電動工具でしたが、その後は18Vへ発展して定番シリーズとなり、10.8Vのコンパクトサイズ電動工具市場の開拓、そして40V MAXと呼ばれる高出力電動工具も開発して新市場に展開するなど、DIYユースから電気工事、プロ向けの重負荷作業まで幅広い製品をラインナップするのが特徴です。

電動工具以外にも様々な製品を展開しており、充電式のコーヒーメーカーや、今やホームセンターで見かけない日はないマキタクリーナー、ライトやテレビなど幅広い充電式製品を展開するマキタは、リチウムイオン製品のリーディングカンパニーとも言えます。

マキタは支店・営業所の数が多くアフターサポートが強い

マキタはサポートや修理対応が速いと評判です。マキタ営業所は電動工具メーカーのなかで最も営業拠点が多く全国117カ所に配置されておりきめ細かいサービス活動を展開しています。特に販売店からの評判も悪いものではなく、マキタ製品を置いていない工具取り扱い店は無いほどの販路を持っています。

電動工具が壊れた場合は購入した販売店へ修理を依頼するのが一般的ですが、マキタの場合は直接営業所に持ち込む修理対応も可能です。

マキタの電動工具は修理代金が比較的安く修理期間も短い特徴があります。仕事に使う道具として、高いアフターサービス体制を敷いているマキタはマキタブランドに高い付加価値を与えています。

園芸・農業用途へも事業を広げる『マキタ』

マキタが新事業として進めているのが充電式園芸用機器の研究開発・製品開発です。

2013年に草刈正雄主演の刈払機CMを始めてから、マキタは刈払機を初めとする園芸工具のラインナップを充実させてきました。マキタはエンジン式が主流の園芸工具に充電式園芸工具を認知させ、売り上げを伸ばしてきています。現在では他社にはない特徴的な園芸工具として充電式せん定ハサミや充電式運搬車なども開発しています。

マキタの園芸事業は全体売り上げの20%を占める。今では園芸機器メーカーの一面も持つマキタの「ゼロエミッション」の理念は環境問題の改善や作業の負担を減らしている

今までの園芸工具と言えばエンジン式のものが主流でしたが、エンジン工具独特の取り扱いの不便さや昨今の環境問題によるニーズを受けてエンジン工具の電動化を進めています。現在は園芸工具は充電式への転換期に差し掛かってきているとも言えます。

マキタ以外の電動工具各社でも園芸工具の取り扱いはありますが、マキタは園芸工具のラインナップが特に多く、ホームセンターでは数多くの品を揃えており、全国各地で製品実演会も積極的に行っているため、充電式園芸工具についてもリーディングカンパニーと言える企業です。

マルチボルトによる互換性が強い『HiKOKI(旧日立工機)』

HiKOKI logo

HiKOKIは独自技術と電動工具の性能の面で強みがあります。

リチウムイオン工具のラインナップ数こそマキタより少ないですが、プロモデルとDIYモデルでバッテリーの違いがなく、リチウムイオンバッテリーの電圧が同じであれば使いまわせるのが特徴です。最近では14.4Vと18Vの両方に対応した電動工具も販売するようになりました。

近年の電動工具メーカーの中で最も早く6.0Ah電池を販売し、最近ではバッテリーの36V化を推し進めるなど、性能向上に対して最も貪欲なのがHiKOKIです。

画期的なスライド構造を持つスライド丸のこを販売に始まり、ACブラシレスモーターの開発、トリプルハンマ搭載のインパクトドライバ、最近では次世代型電動工具『マルチボルト』シリーズが発表されるなど、マキタに先行して高スペックの製品を多数展開しています。

HiKOKIはACブラシレスモーター搭載製品と6.0Ah以降の電池でメーカー2年保証サービスを行っておりサポートにも力を入れ始めています。

2018年 「日立工機」から「HiKOKI(工機HD)」へ

日立工機は2017年1月13日から日立製作所の資本から離れ、米投資ファンドKKR主導による日立ブランドからの独立を歩むようになりました。

2018年10月に正式に社名とブランドを変更し、社名を『工機ホールディングス』、ブランドを『HiKOKI(ハイコーキ)』と改め、マルチボルト36Vバッテリーを主軸とした「コードレス革命」による製品開発を進めています。

今後のHiKOKIで注目するべき点としては報道にもある通り『500億円規模のM&A』『国内販売拠点の増強』が挙げられます。HiKOKIはマキタと比べると営業規模や販路の差からシェアの差が開いており、販売拠点の増強が国内シェア巻き返しの第一歩となるかもしれません。

Screenshot

なぜ、日立工機は社名変更したのか。新ブランド「HiKOKI」との違い

2017年に日立工機は日立グループからKKRの傘下へと変わりました。それに伴って2018年6月に正式に社名とブランドの変更が行われ、電動工具に冠するブランド名は「HiKOKI」と代わりました。しかし、1年以上経過した現在でも「日立」電動工具のブランドイメージは根強く残っています。

優位性の切り崩しが止まらないHiKOKI、今後の強みは何か

現在のHiKOKI製品の最大の優位性こそ、18Vと36V電動工具に両方対応した「マルチボルト」シリーズです。

これまではマルチボルト以外にもスライド丸ノコのスライド構造や、36Vバッテリーのマルチボルトなど、日立工機時代から続いく独自技術もありますが特許期限切れや他社の同等品の発売により、性能的な優位性を失いつつあります。特に、先行していた36V電動工具もマキタ40V MAXシリーズの展開により、HiKOKIとしての優位性は無くなっています。

HiKOKIの近年の製品展開では「スライド10.8V」や「園芸工具」などの成長中の電動工具市場参入も消極的で、市場的にHiKOKIの製品は「プロ向けユーザー対象のマルチボルトシリーズ」以外の選択がほとんど無い状態と言えます。

AC電源で動作するACブラシレスモーターシリーズも展開していますが、マルチボルトシリーズが掲げる「AC工具並み」のフレーズや、ACアダプタのET36Aによってコンセプトが競合しているため、優秀な製品でありながらも存在感が薄い製品です。

なぜマキタが国内1位で、HiKOKIは2番手なのか

・リチウムイオンバッテリー登場までは、日立工機が電動工具国内シェア1位だった(らしい)
・当時はプレカット普及率が低く、据置式の大型電動工具に強みを持つ日立工機の製品が大きなシェアを持っていた。
・その後、プレカットの普及によって大型電動工具の需要が大幅減少。日立工機は2001年12月にリストラを実施するなど大きな影響を受けた。1

・2005年2月に登場したリチウムイオンバッテリー搭載電動工具の開発がマキタの転換期
・TD130D発売後、マキタは僅か1年程で15機種ものリチウムイオン電動工具を展開、現場の主要工具のリチウムイオン化に成功し、充電式電動工具メーカーの地位を固めた。
・日立工機も2005年5月にリチウムイオン電動工具WH14DMLを展開したが、現行構造と異なる差し込み式を採用
・旧機種と互換性を持たせたことで、その後の製品展開に影響。差し込み式リチウムイオン工具はほとんど展開されていない。
・現行のスライド構造の展開を開始したのは2006年の9月のWH14DSLから。この時点はマキタリチウム製品が15機種
・その後、マキタ同等の製品ラインナップに達したのが2007年夏頃。この間にシェアは塗り替えられ現在に至る。

歴史は繰り返す、36V電動工具の勝者はどちらになるか

この製品開発の歴史はリチウムイオン黎明期のものですが、現在のマキタ・HiKOKIにも当時と同じような動きがみられ、歴史は繰り返すんだなと感じることが出来ます。

・36V電動工具で、互換性を残したマルチボルトと互換性を撤廃した40V MAX

当時と異なる点は一つ、2005年のリチウムイオンバッテリー登場時は大容量・高出力の特性のため、当初から接点構造の変更が必要だったため、当時のマキタは初動から互換性を廃した新型スライド構造の採用に踏み切りましたが、現在の36V電動工具は電池性能の向上は伴っておらず、現行の端子構造でも対応自体は可能と言うことです。

ただし、今後の技術発展によって、3kWクラスの高出力・高容量が実現されれば状況は変わってくると予想されます。特に、HiKOKIのマルチボルトは端子構造に互換性を持たせているため、接点構造・スライド構造が不安定で少し危うい面もあります。

36V電動工具の本当の勝負が始まるのは、次世代バッテリーの普及が始まってからになるでしょう。

電動工具の性能比較

電動工具の性能を直接比較するのは難しいのですが、カタログスペックの性能を比べた表が下になります。

カタログスペック上の部分では日立工機の工具のほうがパワーがあるようです。下記の表では電圧が異なるので比較はしていませんが、現状では36Vシリーズを取り扱う日立工機のマルチボルトシリーズが一歩先の性能を持っています。

インパクトドライバ

製品名 TD171D WH36DA
製品外観
最大トルク 180N・m 180N・m
無負荷回転数 3,6000min^-1 2,900min^-1
最大打撃数 3,8000min^-1 4,100min^-1
本体全長 116mm 127mm
質量 1.5kg
バッテリ含む
1.6kg
バッテリ含む
電源 18Vバッテリー マルチボルト
備考 ダブルボールベアリング トリプルハンマ

2018年発売の最新インパクトドライバでは両社の特徴が明確に表れています。

インパクトドライバのスペックを表す最大トルクは同じ180N・mとなっていますが、両者のコンセプトは大きく異なります。

マキタのTD171Dはヘッド部分がコンパクトにまとまっていながら十分なパワーを持ち合わせたインパクトドライバになっています。ヘッド部分の全長が小さいので腰から下げるタイプの工具袋にすっぽりと入ります。また、ユーザーからの要望を受け、アンビルを固定するベアリングを2個に増やし軸ブレを大きく低減させています。

HiKOKI WH36DAのトリプルハンマと36Vバッテリーを採用したインパクトドライバは独自のハンマ構造に36Vバッテリーのパワーを併せ持ち、他のインパクトよりも早い締め付け速度を誇ります。特に、木ネジの締め付け時であればトルク数値以上に早く締まる気がします。現状、パワー目的インパクトを購入するのであればWH36DA一択でしょう。

インパクトドライバだけを見ても、HiKOKIは性能を重視マキタはユーザーの使いやすさ重視と製品開発の方向性に違いがあるのがわかります。

100mmディスクグラインダー

製品名 GA412D G3610DA
製品外観
1充電あたりの作業量
(コンクリートの筋付け)
16.8m 15m
無負荷回転数 8,500min^-1 10,000min^-1
本体全長 382mm 357mm
質量 2.4kg
バッテリ含む
2.6kg
バッテリ含む
電源 18Vバッテリー マルチボルト
備考 無線連動搭載

ディスクグラインダーについては二社ともブラシレスモータ採用機種を販売しています。

カタログスペック上では最新のマキタGA412DRGの方が高性能となっていますが、コンクリートの筋点け作業量は作業者による差やコンクリート施工条件などによって大きく変わってくるため誤差範囲と考えられます。

36Vバッテリーを採用したHiKOKI G3610DAは36Vのバッテリーですが、18V換算で5.0Ahのバッテリーとなっており、そのために1充電当たりの作業がマキタより劣る結果となってしまっています。その分切断速度が優れており、他社製品よりも素早い切断が出来ます。

165mm丸のこ

製品名 HS631D C3606DA
製品外観
最大切込深さ 66mm 66mm
無負荷回転数 5,000min^-1 4,300min^-1
本体寸法
(長さ×幅×高さ)
286×192×258mm 292×188×262mm
質量 3.0kg
バッテリ含む
3.3kg
バッテリ含む
電源 18Vバッテリー マルチボルト

丸のこについてはほぼ同じスペックとなっています。

唯一大きく異なるスペックは1充電当たりの切断量で、HS631Dが217カット、C3606DAが150カットと大きな開きがあります。しかし丸のこの作業量はバッテリーの容量の違いやチップソーによって条件が大きく変わるため、メーカー公称値の比較は意味を成しません。

卓上スライド丸ノコ

製品名 LS714DZ C3607DRA
製品外観
切断幅 312mm(1尺) 312mm(1尺)
無負荷回転数 5,700min^-1 4,000min^-1
本体寸法
(長さ×幅×高さ)
655×430×445 —-
質量 12.8kg
バッテリ含む
14.0kg
バッテリ含む
電源 18Vバッテリー×2 マルチボルト

スライド丸ノコは18Vではコードレス化が進まなかった電動工具ですが、バッテリーの36Vによってコードレスとして展開されるようになりました。

卓上スライド丸ノコはHiKOKIが最も得意とする電動工具です。カタログスペック上の性能はぼぼ同等ですが、HiKOKIが持つスライドパイプの構造は高い精度を持ち、搭載されている付加機能の差もあり、市場での評価はHiKOKIに軍配が上がるでしょう。

最終的なマキタとHiKOKI(日立工機)の違い

日立工機/HiKOKIの製品開発・企業傾向は、よく言えばユーザー本位、悪く言えば目先商業主義です。マキタは、技術的に長期な展望を持ち・現実的な方針で製品展開を行う傾向があります。

日立工機/HiKOKIは新しい規格・構造を展開する時、ユーザーに対する配慮として互換性を残したり外付け機器でカバーを行いますが、それが足を引っ張ることになることもあり、リチウムイオンバッテリーの初動製品展開まで遅れてしまったのは今日まで続くシェア競争の大きな足かせになりました。

一方のマキタは、すっぱりと旧規格を切り捨てて次世代方式に確実に対応できるよう堅実な手段を取ります。

マキタが開発している電動工具はユーザーにとっての使いやすさを念頭に置いており、製品のコンパクトさ(ワンハンドシリーズ)やBluetooth連動など、ユーザビリティの強い製品が展開されています。

電動工具自体の性能であれば製品展開が後発気味でもあるHiKOKIの方が優位ではあり、2017年から展開しているマルチボルトシリーズの性能は、工具の性能でHiKOKIがマキタをリードしています。

現在、国内電動工具市場のシェアの多くはマキタが獲得しています。マキタが持つ強みは営業力修理体制、周囲の口コミ評判であり、電動工具ユーザーがマキタを選ぶ理由は製品そのもののスペックよりも、ユーザー間による口コミやアフターサポートによるものが大きいと考えられます。

HiKOKIを選択する基準としては、独自機能(トリプルインパクト・ACブラシレスモーターなど)やマルチボルトシリーズが他社にない魅力的な部分になり、それらの独自機能に価値を見出せる場合であればHiKOKIを選ぶべきだと考えています。

市場での評価、口コミについて

今の電動工具は防じん・防水のIP56やAPTなどと謳われていますが、集積回路を搭載した電子回路はホコリや水・静電気・衝撃などには弱く、バッテリーなども完全な防じん・防水化が進んでいないため、使い方が荒ければ簡単に故障してしまいます。実際のところ、電動工具は製品は車よりも遥かに過酷な環境下で使われている工業製品の一つと考えられます。

故障してしまう事は仕方ないとしても、電動工具を使って稼いでいる職人さんにとって、仕事道具が使えなくなるのは非常に困るものです。そのためバッテリーを周囲と同じにできて、尚且つサポートの強いマキタが市場で選ばれているのは当然の事と言えるでしょう。

電動工具市場は職人気質のユーザーが多く、ユーザーや販売店からの口コミによる影響が強いと聞きます。電動工具販売店はマキタ寄りの店舗が圧倒的に多く、ユーザーはマキタを選びやすい傾向にあります。また電動工具は壊れてしまう製品ですので、アフターサポートが手厚いマキタが好まれる傾向にあるようです。

また、大量に電動工具を揃えるプロ用途ではバッテリーの使いまわしなども多く、既に所持している電動工具や、周りの人が持っている電動工具とバッテリーを合わせる目的で、マキタを買いそろえてしまう方も多いようです。

現在はHiKOKIもサポートの強化に力を入れ始め、6.0Ah電池・ACブラシレスモーター機種は2年保証になっており、最近ではWEBによる修理受付も開始しています。

脚注

  1. 従業員のリストラなどの事例|日本商工会議所
Return Top