VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

ステンレス・単管・金属パイプを切断する工具 【工具逆引き】

ステンレス・単管・金属パイプを切断する工具 【工具逆引き】

屋内のインテリアから足場に使う単管パイプ、ビニールハウスの骨組みまで様々な所で使用されているのが金属製のパイプです。

「金属を切断する」と考えてしまうと高価な工具を想像してしまいますが、実際は数百円の手工具でも簡単に切断する事が可能です。本記事では金属パイプを切断する工具を紹介します。

本記事では、主に内装用や装飾用パイプ、単管パイプなどに対する切断工具を紹介しています。鋳鉄管や鋼管に対する切断作業に関しては保証できないのでご了承ください。

単管から鉄管、アルミ管まで様々な種類がある金属パイプ

パイプ素材や厚みなどによる違いなどはありますが、ほとんどの金属製パイプは「金属切断」用の切断工具で切断が可能です。

ステンレスに関しては例外で、熱が逃げにくく加工硬化も発生する場合があるので注意が必要となります。場合によっては「ステンレス専用」のチップソーや砥石などを使用する必要があります。

また、金属パイプの切断を行うとバリが発生してしまうので、実用上問題がある場合にはバリ除去の作業が必要になります。

金属用のこぎり

手軽に切断できて工具自体も非常に安価なのが金属用のこぎりです。

金属用のこぎりとは金属全般を切断できるのこぎりの総称で、高速度鋼のバイメタルなどを使用したのこぎりで木工用のこぎりとは目立ても異なります。広義には弓ノコや糸ノコなども含まれます。

数本のパイプ切断であれば金属用のこぎりでもOKですが、太径のパイプ数十本となると非常に重労働となります。

手のこぎりでの切断では曲がってしまう事が多いので、作業性や精度を必要とする場合には他の工具を検討します。

パイプカッター


SK11 パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32

パイプ切断用の専用工具がパイプカッターです。価格も比較的安価で100円ショップなどでも販売されています。

パイプカッターはパイプ切断専用の工具で、挟み込んで少しづつ切込みを入れる事で切断を行います。

切断方法も挟み込んでパイプカッターを回すだけなので非常に安全で簡単に切断する事ができます。パイプカッターによる切断では切断くずが発生しないため、作業場所を汚さないのも魅力的です。

バンドソー


マキタ(Makita) 充電式ポータブルバンドソー 18V バッテリ・充電器・ケース別売 PB181DZ

パイプを含めた長物全般の切断に最も適しているのがバンドソーです。切断スピードが速く、断面も比較的荒れにくく、粉じんが少なく作業時の音も比較的静かなのが特徴です。ポータブルタイプのバンドソーであれば施工済みパイプの解体切断も可能です。

砥石やチップソーなどの切断と異なり、熱の発生が少ないので焼けが発生し難いのが特徴です。

バンドソーは輪切り以外の切断が不可能なので、スペックの最大切断径がそのままパイプ切断の直径上限サイズとなります。そのため径の大きいパイプを切断する場合にはより大型のバンドソーが必要となります。

他の工具と比べて工具本体価格、消耗品共に高価なので対費用効果は良くありません。

レシプロソー


マキタ(Makita) 充電式レシプロソー JR187DRG

金属管の解体作業などにはレシプロソーが多用されます。レシプロソーで金属パイプを切断する場合には、バイメタル素材の金属切断用ブレードを使用します。

切断能力を必要とする場合にはストローク量の大きいレシプロソーを使用します。

レシプロソーは往復運動による切断のため安全性が高く、広い場所も必要としないので狭い場所での切断や施工済みの解体工事などに多用します。

レシプロソー切断での注意点としては、連続して金属パイプ切断を行った場合に、パイプが熱を持って焼きが入ってしま見ブレードの刃が急速に摩耗する場合があります。

HiKOKI(旧日立工機)から販売されている湾曲ブレードは切断時の熱を分散させる構造となっており、刃の消耗を抑え長寿命なのが特徴です。

チップソーカッター


新ダイワ 小型切断機307mmチップソーカッター 低速型 LA305-3057 【1169572】

チップソーカッターは鋼材切断用のチップソーを使用する事で金属パイプの切断に対応します。

定置型のチップソーカッターであれば同じ長さで切断を行う定寸切断が行いやすく、束ねた状態で切断する事ができるので、大量に切断する場合などに対応する事ができます。

チップソーカッターの大きさが切断可能径の大きさに制限されてしまうので、太いパイプを切断する場合にはより大きいチップソーカッターが必要となります。

チップソーカッターでの切断は火花が少なく、切削くずから放熱もされるため焼けが発生し難いメリットがあります。

ディスクグラインダー


マキタ(Makita) ディスクグラインダ 高速型 100mm 9533B

ディスクグラインダーは金属切断用のディスクを使用する事で金属切断全般に使用する事ができます。

電動工具としては安価な工具で切断スピードも速く、消耗品となる切断砥石も安いので小口径のパイプ切断にはおすすめの工具です。切断時には振動やブレなどで曲がりやすいので、真っすぐ切断する場合にはグラインダースタンドなどを使用します。

非常に手軽な工具ですが、切断音が大きく、火花も飛び散るので周囲環境への配慮が必要となります。

高速切断機


HiKOKI(旧日立工機) 高速切断機 CC14SF(100V)

大型の切断砥石で切断を行うのが高速切断機です。定置型のチップソーカッターと同じ使い方となりますが、本体や消耗品が安価なのが特徴です。

切断能力が高く大口径のパイプも切断可能なので、単管パイプの切断やビニールハウス組み立て時の骨組みの長さ調整などに使用されます。

ディスクグラインダーと同じく切断砥石による切断なので、作業時には音や火花など周囲の環境に配慮する必要があります。消費電力も1000W以上のものが多いため、電源容量や継ぎコードによる電圧降下にも注意が必要です。

Return Top