VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

コンクリートに穴を空ける工具 【工具逆引き】

コンクリートに穴を空ける工具 【工具逆引き】

コンクリートの床や壁にボルト止めを行う場合には、コンクリートに穴を空けてアンカーを打ち込む必要があります。

コンクリートの穴あけには、コンクリート用の錐を使用しますが、回転するだけの工具ではうまく穴を空けることはできません。ハンマードリルや振動ドリルなどの打撃運動を含む電動工具を使用します。

コンクリートの穴あけにはコンクリート用のビットを使う


KKmoon 8本セット SDSシャンク 振動ドリルビットセットロータリーハンマードリル インパクトドリルビット 電動ハンマー SDSプラスドリルビット 2穴 2溝

コンクリートの穴あけには、ビットの回転させる他に打撃も加わるため、打撃の衝撃で掘り進む超硬チップが付けられたコンクリート用のビットを使用します。

コンクリート穴あけ用のビットは、先端にチップが取り付けられていて通常の木工・金属用ドリルとは形状も異なるため外見で判別する事ができます。

ビットの取り付け形状にはSDS-Plusと六角軸シャンクの2種類があります。SDS-Plusはハンマードリルに使われる方式で10mm前後のビットに対応します。六角軸シャンクは6.35mmの太さのものではインパクトドライバに対応し、5mm以下の細い穴あけに対応します。

振動ドライバ


マキタ(Makita) HP484DZ 充電式震動ドリル 青 本体のみ 18V

振動ドライバとは、ドライバドリルにラチェット機構を組み込んで、回転と同時に打撃を加えられるようにした電動工具です。ダイヤルを切り替えれば振動なしの状態にもできるため、木材から鉄工、コンクリートまで幅広い材料に穴をあける事ができます。

工具本体の価格も安く、様々な材料に穴あけが可能な振動ドリルは非常におすすめな電動工具ですが、コンクリートの穴あけ能力は高くないため、作業時には強い押し付け力を必要とします。横向き、上向きなら問題ありませんが、上向きの穴あけに対しては不向きです。

ビット取り付け方式はチャックになっており、SDS-Plusや六角軸シャンクなど幅広いビットを取り付ける事ができます。

ハンマドリル


マキタ(Makita) 充電式ハンマドリル(本体+ケース)17mm 18V HR171DZK

ハンマドリルは、振動ドリルと異なる構造の打撃機構を組み込んだ電動工具です。工具内部で打撃が行われるので、穴あけ性能は非常に高く、軽く当てる程度の押し付けでも快適に穴をあける事ができます。

モード切替で「回転」「回転+打撃」「打撃のみ(一部機種)」の切り替えが可能なので、穴あけだけではなくハツリ作業なども可能になります。

ハンマドリルは木材や金属への穴あけにも使用する事ができますが、シャンクはSDS-Plusに対応している製品が多く、SDS-Plusの対応ビットがコンクリート用のもので多数を占めている事もあり、ハンマドリルは事実上コンクリート専用工具となっています。

六角軸シャンク+インパクトドライバ


SK11 六角軸 コンクリートドリルセット 6本組 3.0・3.4・4.3・5.0・6.0・6.4mm SICD-1

小径の穴あけであれば、インパクトドライバーやドライバドリルなどの締結工具でもコンクリートへの穴あけが可能です。

インパクトドライバーでコンクリートに穴を空ける場合には、六角軸6.35mmシャンクのコンクリートドリルビットを装着します。小口径なので打撃が無くても押し付けのみで穴をあける事ができます。

Return Top