VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

マキタ

Tagged
HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

これまでの電動工具は18Vが主流ですが、2019年10月にマキタが「40V MAX」を展開したことで、マキタ、HiKOKI(日立工機)による国内大手2社の電動工具36V化の路線が明確になりました。 この記事では、電動工具36V化のメリットと、電動工具国内2大メーカーのマキタとHiKOKI(日立工機)がそれぞれ展開する3...
マキタの新40V MAXバッテリーを分解して、防水バッテリーの秘密を探ってみた

マキタの新40V MAXバッテリーを分解して、防水バッテリーの秘密を探ってみた

2019年10月にマキタから新しい電動工具シリーズ『40V MAX』シリーズが発売となりました。複数の新しい機能を搭載した新バッテリーとなる40V MAXバッテリーですが、その最大の特徴は電動工具メーカー初となる『防水・防じんIP56』の搭載です。 今回は、充電式の電動工具待望の構造であるバッテリーの防水構造がどうなっ...
あの「マキタ」がテレビを販売!『TV100』電動工具用バッテリーで動くポータブルテレビ

あの「マキタ」がテレビを販売!『TV100』電動工具用バッテリーで動くポータブルテレビ

マキタと言えば知る人ぞ知る電動工具メーカーですが、最近では「コーヒーメーカー」や「ロボット掃除機」など、工具メーカーらしからぬ製品を販売して話題になっています。 今回、幕張メッセで開催される「道工具・作業用品EXPO 2019」でマキタは新しいコードレス家電『充電式ラジオ付テレビTV100』を発表しました。 ついにマキ...
マキタ、『TD001G』充電式インパクトドライバを発売、「40V MAX」シリーズ初となる電動工具

マキタ、『TD001G』充電式インパクトドライバを発売、「40V MAX」シリーズ初となる電動工具

2019年10月にマキタは電動工具の新シリーズである『40V MAX』(XGT)に、新たな充電式インパクトドライバとなる『TD001G』を販売する。 これまでの18Vシリーズ(LXT)と異なり、新たな高出力バッテリー(XGT)を搭載し、これまでのインパクトドライバとは一線を画すスペックを実現している。 また、今回の工具...
マキタ、『40V MAX』電動工具の新シリーズを発表

マキタ、『40V MAX』電動工具の新シリーズを発表

2019年10月6日にマキタは、Youtube上に新しい電動工具シリーズとして『40V MAX』シリーズのPVを公表しました。 『40V MAX』シリーズはマキタが展開する新しい電動工具シリーズで、専用設計による新36Vバッテリーで電動工具の高性能化を実現しています。 現時点では情報も少なく、製品毎の詳細なスペック等は...
【2019年版】マキタのプロ向けインパクトドライバー厳選!おすすめ3選

【2019年版】マキタのプロ向けインパクトドライバー厳選!おすすめ3選

「プロ向け」モデルに強いマキタのインパクト マキタのインパクトドライバは、他社のインパクトドライバと比べると、全体的に「軽量コンパクト」で「パワーも大きい」なバランスの取れたモデルになっているのが特徴です マキタのインパクトドライバはプロ向け市場で非常に人気があり、フラッグシップモデルとなる「TD171D」を筆頭に、軽...
マキタ、18V×2シリーズの充電式 高圧洗浄機「MHW080D」を販売

マキタ、18V×2シリーズの充電式 高圧洗浄機「MHW080D」を販売

株式会社マキタが2019年7月に発売するのは、充電式として同社初となる充電式高圧洗浄機「MHW080D」だ。 同社からはこれまでもAC電源で動作する高圧洗浄機は販売されていたが、今回販売されるのは18V×2リチウムイオンバッテリーシリーズに加わる新しい充電式の高圧洗浄機だ。 工具メーカーの販売するコードレスの高圧洗浄機...
マキタ新製品|充電式ランダムオービットポリッシャ PO500D

マキタ新製品|充電式ランダムオービットポリッシャ PO500D

株式会社マキタが2019年7月に発売するのは、コードレスポリッシャ「PO500D」だ。 これまでもカー用品メーカーなどから充電式のポリッシャーは販売されていたが、主要電動工具メーカーから発売されるポリッシャーは本製品が初となる。 今回はマキタ初の製品となる充電式ポリッシャについて紹介していこう。 本製品は発売直後の新製...
US Makita新製品|ドライウォールサンダー XLS01Z

US Makita新製品|ドライウォールサンダー XLS01Z

Makita USAが2019年7月に販売するのは、コードレスのドライウォールサンダー「XLS01Z」だ。 延長管と粉じん吸い取り構造を持つドライウォールサンダーは、ドライウォール工法のなじみがない日本の住宅事情ではなかなかお目にかかることはない電動工具だが、米国の新築工事などでは多用される一般的な電動工具だ。 本記事...
電動工具の互換充電器は使える?マキタ互換の充電器を購入して動作を検証

電動工具の互換充電器は使える?マキタ互換の充電器を購入して動作を検証

今回検証するのはマキタバッテリーの互換充電器です。なぜかマキタの製品は他社と比べて互換品の販売が多く、中には充電器やUSBアダプターも販売されていたので気になっていました。 以前、電動工具メーカーの互換バッテリーについて低価格の理由や危険性について解説しましたが、充電器はどうなのか検証してみます。 ECサイトを中心に販...
マキタ新製品|ポータブル電源ユニットPDC01

マキタ新製品|ポータブル電源ユニットPDC01

先日、海外の電動工具フォーラムからマキタのバッテリーパック試作品を紹介しましたが、2019年の6月に日本国内でも正式販売となったようです。 今回紹介するマキタの新製品は、バッテリーを4本装着して大容量バッテリーとして使えるポータブル電源ユニット「PDC01(A-69098)」です。 マキタ充電式電動工具の欠点を克服、連...
マキタ新製品|スピーカーを増強し、Bluetooth機能が強化された新型ラジオMR113

マキタ新製品|スピーカーを増強し、Bluetooth機能が強化された新型ラジオMR113

マキタから2019年6月に新型ラジオ『MR113』が発売された。MR108の発売から約3年ぶりとなる新型ラジオだ。 スピーカーは101.6mmのウーハースピーカーを新たに加え重低音が強化されており、Bluetooth周りの機能も機能追加されており、前モデルとなるMR108からの順当な後継モデルとなっている。 高音質トリ...
存在感を増す10.8V電動工具、18Vとの違い

存在感を増す10.8V電動工具、18Vとの違い

最近、軽量手軽な電動工具として注目されているのが10.8Vバッテリーの電動工具です。 10.8Vの電動工具は過去にも販売されていましたが、ここ数年間で急激に10.8V電動工具は存在感を増しているシリーズでもあります。本記事では10.8V電動工具の特徴や展開された理由などを解説します。 軽量小型で取り回しに優れる10.8...
CF203D/CF202D コンパクト&風量UP 夏の新定番首振り充電式ファン|マキタ新製品

CF203D/CF202D コンパクト&風量UP 夏の新定番首振り充電式ファン|マキタ新製品

マキタから2019年4月に新型の充電式ファン『CF202D』『CF203D』が発売された。 最新モデルのCF203Dは、前モデルのCF201Dと比べて高さが10cm小型になり、ファン径は同じ230mmとなっているため、コンパクトながらファン風量が大きくなったモデルだ。首振り機能も搭載しており、様々な場所で使いやすい充電...
Return Top