VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年5月15日

工進の刈払機とは?特徴を解説

優れた農業製品機器シリーズを排出するブランド

工進はポンプ・園芸機器・発電機の製造販売を行う京都府の企業です。

農業製品から土木・船舶向けまで幅広い製品を取り扱っているのが特徴で、一般ユーザー向け製品ではホームセンターを中心に広い販路を持つ機械メーカーです。

工進の園芸機器は、農業製品の1シリーズとして展開が行われています。

農園機器はエンジン搭載の製品を中心に展開していましたが、最近はリチウムイオンバッテリーへの転換を進め充電式の「スマートコーシンシリーズ」のホームセンター展開を積極的に進めています。

充電式で低価格なスマートコーシンシリーズ

工進が展開する充電式園芸機器 スマートコーシンシリーズは18Vと36Vバッテリーの2シリーズで展開しています。

18Vシリーズが15製品、36Vシリーズが6製品の園芸機器や清掃機器を特徴とする製品シリーズです。

低価格な充電式シリーズとしては珍しく、36Vシリーズでは大容量な36V-5.0Ahバッテリーもあるため、1充電当たりの連続作業性に優れているのも特徴です。

DCMグループやコメリ、島忠HCなど主要なホームセンターで取り扱っています。

スマートコーシン刈払機ピックアップ

スマートコーシンシリーズの刈払機は7製品が展開されています。

本記事ではその中の4製品をピックアップして紹介します。

充電式 SBC-1825

充電式 18V SBC-1825

スマートコーシンのスタンダードモデルの18VのSBC-1825です。

エンジン式20cc相当の出力と230mmのチップソーに刈刃対応により家屋周りの整備等に使いやすい刈払機です。

ハンドル形状はUハンドルとループハンドルの2仕様で展開しています。

・刈刃外径:230mm
・機体全長:1,850mm
・機体質量:4.5kg

SGR-1820

充電式 18Vチップソー&樹脂ブレード SGR-1820

手軽に使える樹脂ブレード仕様モデルのSGR-1820です。

刈刃径は160mmと小さいですが、バッテリー充電器込みで電源コード式に迫る15,000円を切る低価格なのが特徴です。

伸縮ポール採用で収納もコンパクトになるので、庭周りの簡単な整備や維持管理などに最適です。

・刈刃外径:160mm
・機体全長:1,400mm
・機体質量:1.8kg

PBC-3650

充電式草刈機 PBC-3650

36Vスマートコーシンシリーズのプレミアムシリーズ第一弾の充電式刈払機PBC-3650です。

故障し難い高耐久性のダイレクトドライブ構造ブラシレスモータの採用と性能向上により従来品比2倍のトルクを実現しています。

分割構造の採用によって折りたためるので、運搬にも便利な充電式刈払機です。

36V-5.0Ahのバッテリーが付属しながらも4万円台に収まる価格設定は破格のコストパフォーマンスです。

・刈刃外径:255mm
・機体質量:5.5kg

SBC-3625C

充電式 36Vナイロンコード式 SBC-3625C

手押し車式の刈払機 SBC-3625Cです。

刈払機本体の重量をタイヤで受ける形状の製品なので、作業者への負担が少なく快適に作業を進められます。

ナイロンコード式で安全性も高く、静かで操作も簡単なので住宅地でも安心して使用できます。

・刈刃外径:ナイロンコード式
・機体質量:7.6kg

Return Top