VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年5月20日

ホンダの刈払機とは?特徴を解説

4ストエンジン刈払機のホンダパワープロダクツ

本田技研工業株式会社はオートバイや自動車のほかに、刈払機の開発も手がけるメーカーです。ホンダの園芸機器はホンダパワープロダクツが販売を行っています。

ホンダの刈払機は4ストロークエンジン搭載品を主力に展開しており、高効率な燃費とホンダ独自の環境テクノロジーによる排ガスの少なさが特徴です。

ホンダ以外の4ストロークエンジン刈払機を取り扱うメーカーでは、マキタも4ストエンジンを主力としています。ただし、マキタは脱エンジンを進めているため、有力メーカーの4ストエンジン刈払機はホンダ一択になります。

4ストロークの低燃費低騒音とオイルを燃焼させる混合ガソリンを使用しないためクリーンな排気ガスで周囲への配慮も少なく済みます。

混合燃料は不要ですが、定期的なエンジンオイル交換が必要です。初回10時間運転、2回目以降は50時間運転を目安のオイル交換を心がけるようにしましょう。

大手ホームセンターでも取扱あり

ホンダの刈払機はプロ用途の本格的なエンジン刈払機でありながら一部のホームセンターでも取扱があります。プロ向けの刈払機でありながら比較的手軽に購入できるのも特徴です。

ただし、ホンダ特約店仕様とホームセンター仕様では若干仕様が異なるため注意が必要です

(画像クリックで拡大)
引用:特約店仕様とホームセンター仕様の違い|HONDAニュースリリース

ホンダ刈払機を取り扱うホームセンターは大型店舗に限られていますが、ホンダ製品の修理工場を兼ね備えている店舗もあるため、近隣にホンダパワープロダクツを取り扱う店舗があれば運用的な面でも有利になります。

ホンダ刈払機の安心補償制度「Ho!」

ホンダの刈払機には購入日から3年間有効な保険制度があります。

この保険制度は対人1億円、対物1000万円までの法律上の賠償責任が生じたとき、その賠償金を補償する制度です。

例えば、刈払機で最も多い製品事故である飛び石などは、住宅設備や車体破損の賠償案件となりやすい事例ですが、ホンダの「Ho!」に加入していればこれらの賠償金額も補償の対象となります。

個人以外の法人による利用も対象になるため、企業や自治会、農業組合、林業組合、自治体による緑地管理など、各種法人に所属する方が起こした事故もカバーできます。

ホンダ刈払機ピックアップ

ホンダの刈払機は排気量25ccと35.8ccの2クラスで展開しています。

25ccのUMK425にはホームセンター仕様のUMK425Hがあり、価格が安い代わりに乾燥重量が重く、若干サイズが大きい仕様になっています。エンジンや出力の違いはありません。

4ストローク刈払機のパワーは同排気量の2ストより若干劣る傾向がありますが、トルクや高い回転復元能力が求められるナイロンコードカッターを高負荷で使用する場合でなければ大きな違いを感じることはありません。

UMK425

U字ハンドル UMK425(UWJT)

ホンダのスタンダードモデルの刈払機がUMK425です。

20年以上販売の続くベストセラー製品で、4ストローク刈払機の金字塔とも言える製品です。

4ストロークエンジン始動性の良さや長期保管に優れ、エンジン機器に慣れていない初心者の方にこそおすすめしたいエンジン式刈払機です。

価格の高さはデメリットですが、それを補う使い勝手の良さでカバーできるでしょう。

・刈刃外径:230mm
・排気量 :25.0cc
・機体全長:1,830mm
・機体質量:4.9kg

UMK435

U字ハンドル UMK435(UWJT)

平地から畦まで、オールマイティーに活躍する4ストローク刈払機です。

大排気量35.8ccのエンジンにより4ストロークエンジンでも安定した刈払性能を備え、チップソー刈刃からナイロンコードカッタまで幅広く対応します。

4ストローク刈払機でトップクラスの大排気量を持ち、剛性・パワー・安定性に優れた刈払機です。

・刈刃外径:255mm
・排気量 :35.8cc
・機体全長:1,900mm
・機体質量:8.0kg

Return Top