VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年4月26日

コンクリートを切断する工具

コンクリートは石材に分類される材料で、身近な所ではコンクリートブロックや染色コンクリートなど構造材から装飾まで様々なところで多用されています。

最近のコンクリートブロックは外観重視の装飾ブロックなども普及しており、タイルや漆喰でコンクリート表面を隠すことなくそのまま施工するケースも見られます。

※本記事ではコンクリート板やコンクリートブロックの切断を対象にしており、コンクリート構造物や鉄筋コンクリート、コンクリート床等の切断作業は対象外としています。

コンクリートの切断は、割るか削るか

コンクリートは材料的に石材に分類されるため「石材切断」用の工具で切断が可能です。

コンクリートを含む石材材料はチゼルとハンマーを使って割って切断をするのが一般的です。割って大まかな切断を行い、ハンマーやノミなどで軽くはつって形を整えるのが最も安全な方法です。

割れない構造物などの場合には電動工具を使用しますが、コンクリートは切断が難しい材料なので専用の電動工具を使用するのがおすすめです。ディスクグラインダーでも切断は可能ですが、粉塵が舞い周囲の影響が強いため、集塵機連動を行い、グラインダー自体も高トルク型を使用するのが推奨されます。

電動工具でのコンクリート切断は工具本体に高い負荷がかかり、作業者や周辺への危険性も高いため入念に準備を行う必要があります、特に解体を伴う切断や大掛かりな切断であるならば、はつり作業や専門業者による切断を推奨します。

カットチゼル


モクバ カットチゼル 90MM

レンガ程度の厚さのコンクリート板やコンクリートブロックなどであれば、タガネやチゼルを使って切れ目を入れながら割ることで切断することができます。この方法は施工前のバラ状態のブロックを切断するのに適しています。

飛散する粉塵も少なく、切断も比較的早く安全に切断できる方法ですが、切断面が荒くなってしまうため切断の後には軽くハツリを行い表面を整える必要があります。

壁などに施工されたコンクリート板や設置されたブロック場合だと、チゼルで割ることが難しくなるので、グラインダーなどの研削切断を検討します。

石切用ノコギリ


フナソー 石切鋸 レンガ・ブロック・硬質ゴム切断用

株式会社フナソーからはコンクリートを切断できるノコギリが販売されています。

この石切鋸を使えば手作業での切断が可能ですが、効率はよくないようです。。手作業にこだわらないのであれば、電動工具での切断が推奨されます。

ディスクグラインダ


マキタ(Makita) ディスクグラインダ 低速高トルク ブレーキ付 100mm 9533BLA

ダイヤモンドカッターなどのコンクリート切断対応のディスクを装着することででコンクリート切断に使用できます。価格や用途、作業性、ランニングコストなども含め、コンクリート切断にはディスクグラインダーが最も一般的です。

ダイヤモンドカッターには切断速度と切断面荒さに応じて「ウェーブ」「セグメント」「リム」の3の形状があります。ウェーブは比較的綺麗な切断面になり、セグメントは切断速度が速いものの切断面が荒くなります。リムは水を掛けながら使用する湿式切断で使用するのが一般的です。

グラインダーを使った石材切断では粉じんが大量に発生するので、周囲への飛散を防止するために連動集じん機などを使用します。

ディスクグラインダーでの切断は切断粉が大量に舞う。市街地などでは周囲の影響を抑えるために集塵機接続で作業を行う必要がある。

コンクリートカッタ


HiKOKI(旧日立工機) カッター ダイヤモンドカッター外径110~125mm 乾湿両用 刃別売り 本体のみ CM4(N)

石材切断用の電動工具がコンクリートカッタです、元々は大理石やタイルなど内装用石材の切断に使用する工具ですが、コンクリート切断に対応するダイヤモンドカッターに付け替えることでコンクリートにも対応します。メーカーによっては単純に「カッタ」と表記している場合もあります。

チップソーカッターと似た形状の電動工具ですが、モーターの特性としてはディスクグラインダーに近い性能を持っていて、同サイズのチップソーカッターより回転数が高いのを特徴としています。

製品よっては乾湿両用に対応した製品もあり、湿式での切断を行うことができます。

レシプロソー


マキタ(Makita) 充電式レシプロソー JR187DRG

コンクリート切断用のブレードを装着することでレシプロソーでもコンクリートの切断が可能になります。

回転系の工具よりも安全にコンクリートを切断できますが、切断性能は回転系の電動工具より大きく劣ります。

コンクリート構造物の解体作業などではレシプロソーよりハンマを使う機会の方が多いため、レシプロソーでコンクリートの切断を行うことはほとんどありません。

コンクリートの切断には防塵マスクの装着を

コンクリートの切断時にはコンクリートの細かい粉塵が大量に舞ってしまうため、その粉塵を吸い込むことによる塵肺が発症する場合があります。

塵肺とは、粉塵を吸い込むことにより発症する肺線維症や気管支炎などの総称で、一度発症すると根治は不可能なので粉塵を吸い込まないように予防することでしか防ぐことはできません。

Return Top