VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

HiKOKI新製品|180mmチップソー CD3607DA、コードレスで50A鉄管を一発切断 

HiKOKI新製品|180mmチップソー CD3607DA、コードレスで50A鉄管を一発切断 

HiKOKIは2019年11月に、180mmチップソーカッタ「CD3607DA」を発売する。

今回発売するCD3607DAは、180mmディスクを搭載できるマルチボルト対応の36Vコードレスチップソーカッタとなっており、AC品以上の最大出力と切断スピードを実現している。

鉄管50A(60.5mm)を一発切断できるコードレスチップソーカッタ

HiKOKI(旧日立工機)が2019年11月に販売するのは、180mmのチップソーに対応するコードレスのチップソーカッターだ。バッテリーはマルチボルトの36Vで動作し、コードレス製品としては国内最大となる切込み深さ60.5mmに対応する。

180mmのチップソーに対応する事で鉄管50A(60.5mm)の切断にも対応できるようになり、大型の鋼材の他、プラント工事や解体作業にも使用できる。

AC品並みのパワー、バッテリーはBSL36B18仕様

CD3607DAは36Vのマルチボルトバッテリーとブラシレスモーターの搭載で同社AC品のCD7SAと同じ切断スピードを搭載している。ただし、この切断スピードを実現するには同社大型バッテリーの「BSL36B18」を装着した時に限られている。

そのため、電池付属の(WP)仕様でBSL36B18バッテリーが付属している。BSL36B18は現時点で販売されている電動工具用バッテリーとしては国内最大容量の36V, 4.0Ahバッテリーとなっている。

BSL36B18スペック

CD3607DAはマルチボルト標準のBSL36A18バッテリーでも動作は可能だが、180mmのチップソーを使う大物の切断にはやはり大型バッテリーによる高出力が必要なのだろう。CD3607DAを購入するのであれば大型バッテリーBSL36B18が付属する(WP)仕様を購入するのがおすすめだ。

ただし、最大出力の1,480Wで動作させた場合、BSL36B18バッテリーを使用しても5分しか連続稼働できない計算となる。もしCD3607DAを常に使う作業の場合は、数本の予備バッテリーの用意も必要になりそうだ。

Return Top